【超簡単】毎月1000円電気代を下げる方法

ここでは僕がどのようにして、毎月の電気代を下げることができたかお話しします。

結論から言うと、新電力に変えることです。

新電力に変えるっていってもよくわからない方にご説明すると、通常電気代は東京電力や中部電力、関西電力など地域の電力会社に払っています。

そのため東京電力などから別の電力会社に切り替えることで電気の質は一切変わらず電気代が安くなります。

なぜそんなことが起こるのかと言うと、どこの発電所から発電された電気も現在ある電線を通り、僕たちの元へ届きます。

電線を通って電気が流れる中でいろんな発電所からの電気が混ざり合います。

結局は配送される電線の中で混ざって全ての電気は同じ質のものとなるのです。

2016年4月に行われた法律の改正により全面自由化され、さまざまな業種の企業が電力の販売に参入できるようになっています。

もともとは地域に1つの電力会社で電力会社を選ぶということはできませんでしが、電力自由化により可能となりました。

選ぶことができなかった時代は大手電力会社が利益をたくさん取るため、電気代が高い金額で高止まりしていました。

しかし新電力が電気小売事業参入し、競争が起こることによって価格が適正化され、自分が住んでいる地域でライフスタイルにあった契約を新電力にすることで毎月の電気代を削減することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA